赤外線マイクロ波検出器

P-S-IRMV-IMT

赤外線マイクロ波検出器にはマイクロ波検出,赤外線検出および光強度測定機能がある。 この製品には2つのモードがあり、ライトコントロールと侵入防止警報を区別している。

接続ランプコントロールモード: 検出された赤外線データ、マイクロ波データ、光強度データを基に、三つの条件を満たしているかどうかを判断する。

以上三つの条件を設定されあれば、ライトコントローラが電源を開閉する、実際に照明が点灯しているので、消費電力を削減できる。

侵入防止の警告モードでは、マイクロ波と赤外線のいずれかの検出方法で人体の動きが検出され、直ちに携帯電話に侵入を警告するメッセージが送信されます。これにより、不必要な損失を防ぐことができる。

  • 人体赤外線感知の機能付け。
  • マイクロウェーブ知の機能付け
  • 光強度測定機能付け
  • 安全防犯警報機能付け。
  • その他コントローラと組合せて最適な空調制御が行える。
  • 通信の電力線搬送波で放射線はゼロ。
  • 電力線がインターネットに更新できる。
  • 作業電圧:AC 100V ~ 240 V
  • 動作周波数:50/60Hz
  • 感知距離:真正面5-7 m、水平基準120°側2-3 m、感知効果と環境温度、人体体形、移動速度には関係がある。
  • 待機電力:5Wより小さい
  • 通信方法:電力線搬送波
  • 環境温度:-10°C~60°C
  • 環境湿度:10%RH ~ 85%RH
  • 外形サイズ:5mm(L)*26.5mm(W)*52.0mm(H)

VEGA Integration Corporation

〒530-0043
大阪市北区天満二丁目1-12天満橋SEビル4F
TenmabasiSE Bld.4F, 2-1-12, Temma, Kita-ku Osaka-shi, Osaka, 530-0043, Japan

© 2020 vega-tech All Rights Reserved.